スプラトゥーンの大幅修正(Ver.2.2.0)についての考察とまとめ サブ・スペシャル編

シェアする

前回の記事まで、メインウェポンについて解説してきました。
この記事からは、サブ・スペシャルウェポンについて考察していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプラトゥーン 更新データ(Ver.2.2.0)

サブウェポンスペシャルウェポンについてです。

サブウェポン

この項目では、サブウェポンの修正について解説します。

ポイントセンサー 上方下方修正

splatoon-ver220-03-01

△効果範囲の半径をこれまでと比べて約17%増やしました。
▼効果時間を10.0秒から8.0秒に短くしました。

上方修正下方修正が同時に行われます。

効果範囲が広がることにより、相手にポイントセンサーを当てやすくなります。

元々、ポイントセンサーの範囲はそれなりに広く、ポイズンボールよりも当てやすいものでした。
更に範囲が広がることにより、クリアリングがより効果的に行えます。

その一方で、効果時間が2秒ほど短くなりました。
当てやすい反面、その分効果時間が少なくなり、相手を補足できる時間が短くなりました。

2秒の違いは大きく、体感でセンサーが解除されやすいと感じるでしょう。

スプラッシュシールド 大幅な下方修正

splatoon-ver220-03-02

▼相手の攻撃に対する耐久力をこれまでと比べて約40%低下させました。
▼投げたあと、インクが回復し始めるまでの時間を1.33秒から2.67秒に長くしました。

大幅な下方修正が行われます。
今回の更新の中でも、特に影響が大きいと思われる修正内容です。

まず、耐久力がこれまでと比べて40%ほど低下します。

以前は非常に耐久力が高く、攻撃してもなかなか壊すことができませんでした。

しかし今回の修正により、かなり壊しやすくなり、対抗手段が多くなりました。
ボムだけでなく、ショット等でも非常に壊しやすいと体感できるでしょう。

次に、サブウェポン使用後のインクが回復し始めるまでの時間が、1.34秒ほど長くなりました。

サブウェポンを投げてから、かなり時間をあけなければインクが回復しないので、以前よりもインク管理が難しくなるでしょう。

【10/23 追記】

ぶーにゃんがメインで使っている.96ガロンデコの、Ver.2.2.0更新後の解説 実況動画を投稿しました。

.96ガロンデコのブキ構成は以下のとおりです。
サブスプラッシュシールド スペシャルダイオウイカ

どの程度の弱体化なのか、動画で見てみたい方はぜひご覧ください。

弱体化した.96ガロンデコを懲りずに使ってみる動画【S+ ゆっくり実況】
どうもこんにちは、ぶーにゃんです。 スプラトゥーンの実況動画をアップしました。 今回は、大幅修正で弱体化してしまった.96ガロンデコ...

『解説 実況動画』カテゴリー

スペシャルウェポン

この項目では、スペシャルウェポンの修正について解説します。

スーパーショット 下方修正

splatoon-ver220-03-03

▼発動してから発射できるようになるまでの時間を、最大0.55秒から0.92秒に長くしました。


・装備しているメインウェポンの種類によって、スーパーショット発動中の照準が異なっていたり、表示されていなかったりしていたのを、共通の照準が表示されるように統一しました。

以前にも一度下方修正が行われましたが、Ver.2.2.0で更に下方修正が行われます。

Ver.2.2.0より前は、スーパーショットを発動してから即座に撃つことができました。
しかし、発射できるようになるまでの時間が0.92秒になることにより、発動後に即座に撃つことができなくなります。

相手と近距離で対面した際に、Ver.2.2.0より前まではゴリ押しできていた場面でも、Ver.2.2.0からはゴリ押しが効かなくなります。

また、これまではブキによりスーパーショットの照準が若干異なっていました。
シューター系とローラー系で別々の照準になっていたものを、ローラー系の照準で統一したようです。

これで、ブキにより狙いやすさが変わるといったことがなくなります。

ダイオウイカ 下方修正

splatoon-ver220-03-04

▼スペシャルゲージを貯めるのに必要な塗りポイントを、180pから200pに増やしました。

▼効果が切れたあと、0.75秒間攻撃が行えないようにしました。


▼ダイオウイカの当たり判定(相手の攻撃を受けるエリア)を、体の大きさに合わせて大きくしました。

こちらのスペシャルウェポンも、以前に一度下方修正が行われましたが、Ver.2.2.0で更に下方修正が行われます。

必要な塗りポイントが180pから200pになり、若干ゲージが溜まりにくくなります。
スーパーショットが220pですので、そちらよりはやや溜まりやすいくらいと考えれば良いでしょう。

また、効果が切れたあとに0.75秒間攻撃が行えなくなります。
この修正は、主にローラーの攻撃を意識した修正でしょう。

効果切れ後、ローラーの振りかぶり攻撃により、即やられてしまうことが今まではよくありましたが、この修正によりそういった場面が少なくなるでしょう。

最後に、攻撃を受ける場合の当たり判定が、体の大きさに合わせて大きくなります。
より攻撃を受けやすくなり、結果的に弾かれることが多くなるでしょう。


これでサブウェポンとスペシャルウェポンについての解説・考察は以上です。

サブとスペシャルで、両方とも下方修正が行われるブキは以下の二つです。

プライムシューターコラボ
サブにポイントセンサー、スペシャルにスーパーショットを持っています。
.96ガロンデコ
サブにスプラッシュシールド、スペシャルにダイオウイカを持っています。

プライムシューター系はメインが上方修正されていますが、.96ガロン系のメインは上方も下方も修正はありません

.96ガロンデコが、おそらくサブとスペシャルの下方修正で一番影響を受けるブキでしょう。

この修正により、また流行りのブキが変わってくると思います。
まずは自分が使いやすいと思うブキから手にとってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。