【HTML】 文書型宣言について

シェアする

【HTML】 文書型宣言について

「必須コードの解説 」ページにて文書型宣言について触れましたが、その詳細な説明をしようと思います。

こちらはやや専門的な知識であり、ただサイトを作りたいだけの方は特に知らなくても良い知識です

より深くHTMLを理解したい方は知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【XHTML】の文書型宣言の種類

まず、前提としてこのサイトで解説しているのは【XHTML】です。
そのXHTMLの仕様について指定しているのが、この文書型宣言です。
これらはサイトの目的や方針によって決められる場合があります。

XHTMLの仕様は3種類あり、それぞれコードの許容範囲が異なります。
簡単に分けると、以下の3種類です。

「Frameset」

とても規則がゆるい仕様です。
見栄えに関する要素・属性と、フレームレイアウト向けの要素・属性を利用することができます。

「Transitional」

中間の規則の仕様です。
フレームレイアウト向けの要素・属性は認められていません。
見栄えに関する要素・属性を利用することができます。

「Strict」

非常に厳格な仕様です。
見栄えに関する要素・属性と、フレームレイアウト向けの要素・属性の利用を認められていません。

よく使われる宣言の種類

サンプルでは普通の仕様「Transitional」を採用しています。
この仕様が、個人で使うにしても業界で使うにしても一番一般的な仕様ですので、特に理由がなければこれを選んでください。

元々XHTMLはHTMLに比べて規則がきっちりとしている書き方ですが、非常に厳格な仕様ではかなりの制限が加えられます。
特に「Strict」の扱いには注意したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする